*** yumi love sangwoo *** 36年ぶり
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 F*yumiのブログを応援
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'06.24 (Wed)

36年ぶり

36年ぶり

【More・・・】





5万ウォン札の流通初日、1兆6000億ウォンを供給

5万ウォン(約3700円)札が流通しはじめた23日午前、ある市民が中央銀行の韓国銀行(韓銀)で交換した5万ウォン札の新札を広げて見せている。韓銀はこの日、計1兆6462億ウォン分、3292万枚の5万ウォン札を市中に供給した。この日、韓銀では徹夜組の市民およそ10人をはじめ数百人が新札と交換した。

20090624100121-1.jpg

本日6月23日から5万ウォン紙幣が登場。1973年に登場した1万ウォン紙幣以来の高額紙幣の登場とあって、大きな注目を集めています。朝9時からの一般流通を待ちかねたように、南大門(ナンデムン)にある韓国銀行の前には新紙幣を手に入れようと大勢の人がつめかけました。

両替の限度は1人20枚まで、金額にすると100万ウォン。わあ、ずいぶん両替しましたね。ぴかぴかの新札を前にお父さんも満足そうです。

市中銀行でも同じく9時から両替を開始。韓国銀行ほどではないにしろ、朝から数十人のお客さんがやってきたとのこと。ただし、各銀行のATM機は新紙幣にまだ十分に対応できていないという状態だそうで、生活の中に根付くにはもうしばらく時間がかかりそうです。

では、新紙幣を詳しく見てみましょう。肖像画の人物は申師任堂(シンサイムダン)。16世紀前半に活躍し、山水、葡萄、草、虫などを得意とした書画家で、韓国の良妻賢母の鑑と言われる女性。肖像画の横には彼女の作品とされる葡萄と茄子の絵があしらわれています。裏には同時代に活躍した画家の梅と竹がデザインされており、これまでの紙幣とは違った風雅な様子があります。

新紙幣の発行に際して同色系の「5千ウォンと間違えそう」という声が聞こえています。確かに色がよく似ていますが、縦の長さは同じでも横の長さは5万ウォンが1.2センチ長くなっています。韓国の紙幣は金額があがるほど、6ミリずつ横に長いってご存知でしたか?

ところで、5千ウォンの肖像画は申師任堂の息子で「韓国儒学の父」李栗谷(イ・ユルゴッ)。親子でお札に登場とはすごい!お札1枚にも韓国の様々な歴史や逸話がちりばめられています。一度じっくり眺めて、5万ウォン紙幣の秘密を探してみて下さいね。

20090623135445-4.jpg



昨日の23日から、発行されたんですね~

36年ぶりか~

>1973年に登場した1万ウォン紙幣以来

って、アタシはその年に生まれましたが~(笑) ←あ、年バレ!(笑)
36年ぶり~って、アタシと同い年~~(笑)

50000WON札って、、、日本人からみればそれほど高額紙幣ではないよね(^^;)
どうせなら、100000WONも発行してほしいなあ。 一万円弱の紙幣。。便利だよね~♪

日本は、10万円札、作ってほしいなあ(笑)
庶民のアタシは・・・そんなに使用したりしないと思うけど~(T▽T)(笑)





*************



 F*yumiのブログを応援
Edit |  13:04 |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。