*** yumi love sangwoo *** アメリカサンウ
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 F*yumiのブログを応援
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2010'05.28 (Fri)

アメリカサンウ


【More・・・】




グァン・サンウ,‘飽和の中に’は “私に学ぶことを準映画”

28669520_3.jpg

“この映画の主人公はチェ・スンヒョンだ.”

トップスターグァン・サンウは堂堂と言った.

チャ・スンウォン,キム・スンウ,塔(チェ・スンヒョン)が映画 ‘飽和の中に’のクレジットに主演で名前をあげたけれども ‘内容的に’は一緒に出演した “チェ・スンヒョンが主演俳優”と言った.

それとともに自分は “チェ・スンヒョンを引き立つようにしてくれようとする努力をする人物たちの中一人”と謙った.

6月26日(以下韓国時間) 封切りする映画 ‘飽和の中に’は 1950年 8月,朝鮮戦争の飽和の中で熾烈だった洛東江戦闘時期 71人の学徒兵の話を描いた作品.

グァン・サンウとチェ・スンヒョンを中心にした学徒兵たちの悽絶で悲しい戦闘を描いた.

グァン・サンウは 28日午前アメリカスタンフォード台アジア太平洋研究所の招請で自分の映画を上映するのに先立って演出者である異才した監督と記者たちに会った.

28669530_3.jpg

スタンフォード台アジア太平洋研究所はアジア太平洋地域の歴史と文化を研究する所で特に朝鮮戦争を重要な研究主題にして来た.

この日上映会もその研究の一環に用意された席.

これに先たちグァン・サンウは記者たちと会って “チェ・スンヒョンが主人公”と言いながら自分は観客が “あの役目をしながらも見える俳優だねと言うことを感じるようにするために努力した”と言った.

‘飽和の中に’がその位ある一俳優の熱演では手におえることができない巨大なスケールを持ったし,戦争の悲しい運命の中に置かれた学徒兵の悽絶さを盛り出すために自分を捨てなければならなかったという話で聞こえた.

それでグァン・サンウは “自らむち打ちながら撮影に臨んだ”と “もっと緊張して映画に誰にならないように演技しなくちゃいけないと思った.私には学ぶことが多かった作品だ”と言った.




次はこの日スタンフォード台上映に先立ってサンフランシスコウエスタン腕路アルトで持った一問一答.

-スタンフォード台で上映するようになったきっかけは何か.

異才した監督(以下これ):“スタンフォード台アジア太平洋研究所はあんまりアジア太平洋地域の歴史と朝鮮戦争において名望を持った研究所だ.‘飽和の中に’ 企画段階から後援をして来た.

今日時事を持つ事にしたことももう撮影の前から決まっていた.
その約束を守るために努力したが未完成で時事を進行するようになった.

スタンフォード台がアメリカでこの映画が紹介されるのに助けをたくさん与えたし与えるようだ.

2年前にはクルリントイーストウッド監督がアジア太平洋研究所主観で ‘イオジマから来た手紙’の試写会を開いた事がある.

その後続行事で ‘飽和の中に’ 時事を進行するようになった.”

-俳優として参加するようになった.所感はどうなのか.

グァン・サンウ(以下圏):“参加するのに意義がある.記者詩会で見たかったが震える.俳優として参加したことだけでも光栄だ.

スタンフォード台で上映された後どんな波及効果があるかも知れないが良いことが生ずるための始めて歩みだと思う.

夢は大きく持たなければならないようだが.

この映画が封切り以後愛たくさん受けたら良いが映画が与えるメッセージも大きいことなので機会になったらこの広い地でも皆さんに紹介されたらと望むことがある.”

-‘飽和の中に’がアメリカアカデミー賞を狙うという話もある.

これ:“まだ大衆に紹介されなくて大衆に愛される映画で生まれたら良いだろう.

その後映画がどこまで行くかは….

今度カンヌ国際映画祭も行きたかったが日程を合わせることができなくて行けなくなった.

朝鮮戦争 60周年記念作でもあって,意味ある映画でもある.

そんな映画が国際的でも意味あるように近付いてアカデミーまで繋がれたら大きい喜びではないか思う.

-よほどスケールが大きい戦争映画の主演を引き受けた.

圏:“仕事がこんなに大きくなることができなかった.(笑い)

元々シナリオが ‘71’という題目になっている時にはこんなに大きい規模に製作される映画ではなかった.

またどんな主旨があったのでもなかった.

作品を選択する私にいて一番重要なのは私に合う服がどれだろうと言うのだ.

‘飽和の中に’は真冬に撮影しなければならなかったが映画の中実際話は 8月に起る.

早いどんなにリアルに表現しようか,撮影時期上口で息づかいも出るのに,実際事件を映画化することで臨場感をいかすのが重要だと思った.

取りながら愛着をもっと持つようになったし,多くの構成員たちが努力して一作品を作って行かなければならなかったから楽しく撮影した.

多くの学徒兵役目を引き受けた俳優たちと一緒に一 4~5ヶ月時間が良かった.演技者としても初審に帰るようにしてくれた.

そんな思い出が良かった.”

-‘ファサン高’,‘マルズックゴリ残酷社’,‘おない年課外すること’ など特に劇中制服を口は作品が多かった.今度にも制服を着た.

圏:“まだ私の年が若い.(笑い)

演技するのにあって少しでも自らぎこちないとか私が他の服を着ているとかする気がすれば確実に ‘ミス’がある.

‘飽和の中に’の場合には他人達はどう思うかも知れないが私は自信があった.

人物が感じるさまざまな状況が充分に共感になった.

それで制服を着ても良いという気がした.周辺では憂慮をしたりしたようだ

あいにくにも制服を着てデビューした.制服着た作品が私の代表作になった.現場でも今度映画はよくできるようだと言って,私自らも催眠かけたようだ.

最近 ‘飽和の中に’ ショーケースでも言ったが最近起った天安する事件はとても悲しい事件だ.誰かの子で誰かには弟(妹)であるかも知れない方々が犠牲された.

そんな記事を見る度に大韓民国国民としてとても悲しかった.誰もそうだったろう.

この映画は 60年前時間だけさかのぼっただけまったく同じな事だと思う.俳優が演技するのに少しでももっと真実に近付くことができた.”

-‘飽和の中に’に盛りたかったことは何や.

これ:“映画の中人間の姿そのままを眺めたらと思う.特定の定規で見言葉で人間的な姿,ヒューマニズムの視線で映画を眺めたらと思う.

万たちの時にもいつもタルイニョムゾックで映画を扱いたかった.

朝鮮戦争は理念の戦争でもないか.

戦争の渦の中で戦場で戦わなければならなかった軍人と学徒兵たちの悲劇的な話を盛り込みたかった.”


 F*yumiのブログを応援
Edit |  12:44 |  砲火の中に  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。